ŝercaĵo
!zaregoto
help-circle
rss
Echo Show5を買ったのだが・・・。
残念、不具合の塊。 最初に気づいたのはEcho Show5で表示する写真をスマホから選択できるとあったので試したところ、エラーでできなかったこと。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/096b7160-4abe-4e2d-812a-171ae0b71e68.png) ちなみにサポートにも問い合わせて結果てきにスマホからできないよって言われたんですが・・・、いや、できるってEcho Show5側に言われてるんですが・・・。\ そしてネットでもそうやってやってる人いるんだけど・・。 少なくともAmazon Photosのアルバムを選ぶくらいはスマホからやらせてほしいってのはあるので、なんかおかしいですね。 それ以外にもホームの挙動が安定しておらず、写真が出なかったり、Tipsが連続で表示されてたりなんかおかしい。 そして設定画面もいくつかの項目で"取得中"になっていて変更できず、スマホから変更しても適用されませんでした。 一番わかり易いのだと、アラーム音ですがこいつも取得中になっていてAlexaアプリから変更してみたものの適用されず、デフォルトのやつがなる感じでした。 Amazon側のサポート対応はさすがと言うか良かったんですが、商品がこれなので結局返品することに。 まだ返品済ませていないですが、見積もりが満額なのできっと満額返ってくるでしょう。 当初Echo Show5を買った理由が秒数まできちんと同期できる時計がほしい。だったんですがそれもEcho Showや競合のNest Hubではダメらしいのでしばらくこの手の商品は買わないでおきます。 代わりに余ってるラズパイ3で5インチくらいの液晶買ってなにかできないかなとか模索中です。 てなわけで、書き殴りですがEcho Show 5買ったけど不具合でダメでしたと言う話でした。 ちなみに、Echo Show5でテレビ移したりNASにある好きな動画見たりとかYouTube垂れ流ししたりとか、そういう用途にも使えて結構便利だし、Alexaもおもったより小声でも反応してくれたり結構良かったので、不具合なければEcho Show 8も買う予定だったんですが・・。\ まあ残念ということで。 では、また。

Aamzon Echo Showでテレビとか好きな動画を見る
てなわけでAmazonセールで間違った時を刻んでいる時計の代わりにEcho Show 5を買ってみました。 こいつに関するレビューはまた別でするとして・・\ Echo Showってずっと起動しておいてあるので、好きな動画とかテレビとかをラジオ感覚で垂れ流ししたいなぁって、多分誰でも思うんですよね。 とくに5とかじゃなくてサイズが大きいやつを持ってる人なんかは特にそうだと思います。 色々調べて見たところスキルを自作してネットワークアクセス可能な場所に動画を配置するとかそういうのしか見つからなかったので、違う発想で解決させました。 ## 求めてるもの - 音声操作はできなくても良い - QNAPや録画鯖のデータにアクセスして再生ができること - できればMirakurun経由でテレビが見れるといい まあここまで来ると、Echo Showはブラウザがあるのでそれを使えばいいやってなりますね。\ なので以下条件も追加します。 - 簡単にセルフホスト可能なストリーミングサービス - エンコードしながら再生できるように(MPEG-2とかHEVCの動画がほとんどなので) - エンコードはハードウェアエンコ(VAAPI,QSV)を使いたい --- てなわけでJellyfinというのを見つけたので、それを試すことに。 ## 前提 - Mirakurun導入済みの録画サーバ - ハードウェアエンコが可能なサーバ ### 私の環境 - Mirakurun - QNAP TS-251D & ContainerStation ## Jellyfin 細かいところは[公式サイト](https://jellyfin.org/)を見ていただくとして・・。 IPTV対応でMirakurun経由でテレビ視聴が可能であること、\ NAS上においてある動画を指定してブラウザから再生できること、\ リアルタイムエンコード対応かつVAAPI,QSV両方とも対応していること。 もう完璧ですね。 ## Jellyfinの導入 Dockerで導入します。 詳細はドキュメントから。\ https://jellyfin.org/docs/general/administration/installing.html 最初はCore i3-6300搭載の自宅サーバに導入する予定だったんですが、\ どうもうまくハードウェアエンコードが動かない。 ハードウェアエンコしているのにCPU使用率が100%になるし、どうやら今のバージョンはバグというかパッケージ不足があるみたい?) [^1] あと多分CPU的に対応してないやつを使ってる・・。。。 んで、少し世代の新しいCeleron J4025を搭載した、QNAP TS-251Dで試すことに。\ (HDDうるさいからあんまりサービス動かしたくない・・w) QNAPだと結構楽で(変わらん?)ContainerStationからアプリケーションの作成でDocker Composeファイルを記載するだけ。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/fdc79a00-db80-4821-a2f2-1e1cc650a5cc.png) `renderD128`を渡してあげることでハードウェアエンコが利用可能になります。\ (必要なパッケージ等はDockerファイルに入ってる) また、メディアディレクトリを指定してあげることを忘れずに。 これで作成を押してあげれば、起動します。 ## Jellyfinの設定 設定の細かい話はやってみればわかるのでいいとして、重要なところだけ。 ### メタデータ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/6f53061e-b5e8-4a90-8466-0d3da834e25a.png) メタデータは基本的に全部はずしたほうがいいです、ネットに情報を取りに行ってしまう上に、間違った情報が来るので大変なことになります。 **イメージを取得**については、`Screen Grabber`だけ有効にすることで、サムネイルを生成してくれます。\ 結構時間かかるので気長に待ちます。 ### Mirakurun ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/e7abc9e5-11a4-4ad9-9b3f-1700207ab3d6.png) IPTVに対応しているので、Mirakurun側のドキュメントを参考に設定をするだけです。 ちゃんと番組表もみれます。 一つ気になるところとしては、番組の番号?が表示されてるところですね・・。\ タイトル編集から変えられないかなと思ったら、数字の部分入っていなかったのでダメそう・・。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/6b564864-6cd8-466b-887e-d27b33a53f11.png) ### カスタムCSS 日本語のフォントがおかしいので、フォントの読み込み順番を変えてあげます。 ただ、JPを先頭にしただけです。 ``` html { font-family: Noto Sans JP,Noto Sans,Noto Sans HK,Noto Sans KR,Noto Sans SC,sans-serif; } ``` ### プレイバック ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/73e015a3-cdf5-4a4a-8ade-1ab0035e27d5.png) プレイバック設定でトランスコーディングを変更できます。 QSVは前述の通り動かないので、VAAPIを使いました。 設定周りとか対応コーデックとかはドキュメントに記載されています。 https://jellyfin.org/docs/general/administration/hardware-acceleration.html また、ここの設定で字幕のフォントも変更が可能です。\ 変えておかないと日本語がすべて文字化けしてしまうので、フォントを設定してあげてください。 私はConfigの中にfontsフォルダーを作ってそこにぶち込みました。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/aeb6a85e-538c-45c8-96d2-f3d24e82c10a.png) ### 再生について Echo Show5のSilkブラウザで動画が再生されるまで、15~20秒ほどかかります。 1. 「アレクサ、シルクブラウザーを開いて」 2. ブラウザが開かれる 3. テレビのチャンネルを選択 4. 5~10秒ほどで再生開始 CPU使用率はほぼ上がりません、さすがです。 エンコードについては再生画面でYouTubeみたいに選択できるので、私は480p-3Mbpsにしてます。5インチならこれで十分ですね。 ちなみに、テレビはリアルタイムで字幕表示無理です。 EPGStationならできると思うので、その環境があればそれで見るといいかも?\ Chinachu γは再生画面が貧弱なのでフルスクリーンにできずかなり見づらいのでちょっとダメ・・・。 ちなみに、ブラウザベースなのでスマホとかで外で見たいなぁとか思ったときにもエンコードして容量削減できるので便利です。\ VPN繋いでアクセスすればいいだけですね。 --- そんなわけで、目標だったテレビ視聴とQNAP上の動画再生が叶いました。 動画についてはQNAPである必要はないので、ローカルだろうとNASだろうとどこのやつでもマウントしてあげればいいだけなので簡単。 構築もDockerでらくらく、\ 強いて言えばライブラリの取得に時間がかかりすぎてるくらいかな・・・。 再生自体はスムーズで、途中で止まったりもないので必要十分だと思います。 では、また。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/723e2bf9-6bcf-4f9b-b790-33fa51f6745b.png) ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/28ae8531-ff52-4159-98d1-6c9d58906008.png) [^1]: https://github.com/jellyfin/jellyfin/issues/5993

n8nでGmailのメールをMastodonに転送するメモ
てなわけで、\ n8nでGmailに来るTwitchでフォローしている人の配信開始通知をMastodonに転送するためのメモです。 ## Gmailの設定 まず、Gmailの設定が必要です。\ やり方についてはn8nのドキュメントに書いてあるので、そちらを参照してください。 >[IMAP Using Gmail](https://docs.n8n.io/integrations/credentials/imap/#using-gmail) 簡単に説明すると、\ 2段階認証が必須です。\ Gmailのセキュリティ強化で2段階認証していない場合には脆弱としてブロックされます・・(というか22年の5月末でパスワード認証でのログインできなくなるっぽい?) 2段階認証後、アプリログイン用のパスワードを発行してあげて、それを使うって感じになります。 そして、Gmail側でIMAPを許可してあげてください。 あと、通常だと全メールを見に行くことになってしまうので私は読みたいメールにラベルをつけるようにフィルターして、この後設定するIMAPトリガーノードはそのフィルターを読むようにしてます。 ## Credentialsの設定 n8nでCredentialsを開いたら、Add Newで追加していきます。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/7c599f23-7bff-42f2-8553-c1dec05e6d0a.png) - Userにメールアドレス - Passwordに先程発行したアプリ用のログインパス - Hostは`imap.gmail.com` - Portは993 - SSL/TLSはオン 詳細はこちらにも書かれています。 >[他のメール プラットフォームで Gmail のメールをチェックする](https://support.google.com/mail/answer/7126229?hl=ja) ## ノードの配置 完成形はこんな感じになります。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/8f526b98-e10e-4474-a112-88f0d754fdd3.png) ### IMAP Emailノード - Credential for IMAP は 先程設定したCredentialsを選択 - Mailbox Nameは 読みたいメールボックスまたはGmailのラベル名を指定 - Actionは Mark as read にします (じゃないと既読にならないので・・) - FormatはResolvedが無難みたいです、テキストメールならSimpleでも良さそう - Add OptionでIgnore SSL Issuesはオンにします ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/2c7dfbdc-9739-4fb7-a9bd-f10774c83b03.png) ### HTML Extractノード このノードではHTMLメールのHTMLをCSS Selectorで取り出すことができるノードで、いちいちコードを書いたりする必要が無いのでめちゃ便利です 今回はTwitchの配信開始通知を例に書いていきます。 - Source Dataは JSONです、基本的にノードの出力はJSONです - JSON Propertyは html です、IMAP Emailで出力されるJSONのhtmlプロパティを使います - Extraction Valuesは取りたい要素をCSS Selectorで指定します、Keyは出力されるJSONのキーになります。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/4ed90cd9-add9-43c6-9ef8-d368e3d84c43.png) ### HTTP Requestノード このノードではその名の通りHTTPリクエストを送れるので、これを利用してMastodonに投稿します。 今回はモロヘイヤWebhookを例にしていますが、APIも一応叩けますし、Discordなら後述するDiscordノードを使うのでもっと楽です。 - Request Methodを POSTにします - URLは自身のWebhookURLを書きましょう - Body Parametersは本文をtextに入れて渡すのでValueを好きな感じにします。\ このように他のノードや直前のノードの値を指定することもできます。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/9fcb8025-e81c-432f-8d89-69579085ff18.png) ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/f1799f3a-e703-4034-bad2-e30ee7b2857f.png) ### Discordノード おまけです、多分普通の人はDiscordに送ると思うのでこっちですねw - Webhook URLにDiscordのWebhookURLを - Contentに内容を書きます ちなみに、改行は`|`です\ (Edit Expressionで改行してあげると自動で入ります) ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/fab47f63-9540-4bf0-8aa6-b5e8b1b87a23.png) --- 今回はTwitchという例でやりましたが、HTMLなメールでも簡単に切り抜いてMastodonやDiscordに投稿できました。 GmailじゃなくてもIMAP使えるなら何でもできますし、他のノードを使って別の処理をしたりとかもできるので非常に便利です。 あと、複数メール受信した場合とかもちゃんとその分動いてくれます(大量に受信しない事が前提ですが、件数を抑えたい場合はそのように処理することも可能です)

Twitchの配信開始通知をMastodonに流したかった件
Twitchの配信をしていて配信開始をMastodonに一々書いたりするのはめんどくさい。 特に私のWin10環境はバグっているのかChromeを開いていると著しくゲームの動作が遅くなるので、先に閉じてしまうので余計に。 ってことで、配信開始通知をn8nを利用してMastodonに投稿できないかなぁとか言う話になります。 ## どうやってやるか考える Twitchの配信開始通知といえば、\ 定期的にAPIを叩いて配信していないかチェックする方法。\ EventSubを利用して受け取る方法。\ 大体この2つかなって思っています。 で、n8nなんですが残念ながらTwitchと連携するトリガーノードはありません。 以前なら自力で色々やる必要があったんですが、ちょっと前にTwitchのトリガーノードを作ってくれた方がいたので、今回はそれを使います。 トリガーから受け取ったらそのままMastodonに。\ うん。言葉だけなら簡単そうです。 ## やってみた で、完成図ですがこんな感じ。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/c497c997-c00f-467f-ada7-ad7d4918f2b3.png) Twitchのノードはカスタムノードなので事前に[こちら](https://github.com/CodelyTV/n8n-nodes-twitch)を導入しておく必要があります。 私はDockerを使っているのでビルドし直す方法を取りました。(と言うか今はそれしか無いらしい) Dockerfileはこんな感じ。(フォーラムで公式も勧めてた) ``` FROM n8nio/n8n:latest RUN cd /usr/local/lib/node_modules/n8n && npm install n8n-nodes-twitch ``` 細かいノードについてはこんな感じ。 ### Twitchノード Credential for Twitch APIで事前にとってきていたClient ID、Client Secretを設定しておきます。 EventはStream Onlineで、Channelは自分のチャンネル名を。 ここでは配信が開始された旨とそのユーザのIDを取得できます。 ### Functionノード これはアクセストークを保存しておくためだけのやつです\ この後アクセストークンの取得を行うんですが、毎回取得するよりは保存しておいて・・・みたいにしたほうが良いかなって思ったんですが、頻繁に動かないのでこれいらない説もあります。。 ### IFノード 保存されているアクセストークンの有無で処理を分けます。 なければ取得(True)、あればそのまま実行(False)になっています。 2回目の実行であればありになります。 ### GET Token(HTTP Request)ノード IFノードでトークンがなかったときに取得するノードです。 `https://id.twitch.tv/oauth2/token`を叩いています。 ここは直でClientIDを指定してしまっているので改善予定です。 ### Function1ノード 取得したアクセストークンを保存するためだけのノードです ### GET ChannelData (HTTP Request)ノード ここでは`https://api.twitch.tv/helix/channels`を実行してストリームのタイトルを取得します。 ### IF2ノード GET ChannelDataが認証エラーしていないかをチェックしています。 認証エラーの場合はGetTokenに移ります なお、GET ChannelData2は認証エラーでも再実行させないようにしてます。 ### Discordノード 最後にDiscordにタイトルとURLを送っています ### POST Mulukhiya これはモロヘイヤのWebhookにポストすることでMastodonに投稿しています。\ 内容はDiscordと同様です ## 余談 以前はTwitchノードがなかったのでこのサイトのようにやる必要がありました。 [Automate Tweets for your Twitch Live Stream using n8n ]( https://harshil.dev/writings/automated-tweets-for-your-twitch-live-stream) (試したけどこれはだるい) --- まだ改善点はありますが、とりあえず動いているので満足しました。\ せっかくn8n導入しているので他もなにかできないか模索中です。 #### おまけ。 最小構成 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/405e682c-83af-4196-b080-5ac15baaffe9.png) 他の人の配信通知をIMAP Emailを使ってMastodonに送ってる図 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/b9413d1a-a753-40d8-a743-0ef34d7b4a31.png)

- 2022/04/18 月が綺麗だった
16日はピンクムーン、月が綺麗でした\ ただ、手元にはスマホしか無いのでこれが限界です。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/81222131-2b46-47bc-8820-e746cbf26720.png) Xiaomi Mi Note10の108Mモードで等倍撮影したものを拡大しました。 意外とうさぎにみえるんですね。 - DQXを再開した、楽しいけどそろそろ戦闘とかちゃんと戦略立ててやらないとだめかな・・ - FF14は復活の予定だったけどどうにも・・。(DQXはまった)

2022/03/11 のメモ
- 例のあれから11年、黙祷 - AWS DVA合格できた、勉強しないで受かってしまったので練度はクソ、復習しないとだめ - やる気がない、なにもない。何もしたくない。そんな状況が続いている、リアルで人に触れ合うことが家族以外無い状況なのも良くないのだろうか - Lemmyが0.16.0になってテーマのカスタマイズがDocker使ってても容易になった - 花粉がやばい、病院行こうと思って電話したら受付のオバハンがうざかったのでやめ。市販薬でいいかな・・

録画サーバの今後
## 現在の構成 **OS**\ CentOS 7 **ソフト** Mirakurun (Docker)\ Chinachu γ **ハード**\ Shuttle XH110V\ Core i3-6300\ RAM 16GB\ 普通のSSD\ 普通のTV用外付けHDD\ バックアップ構成なし USB-TR HWP119316\ PX-S1UD V2.0 (2個) ## 懸念点 サーバ自体がすでに6年ほどたっており、録画サーバ以前にもマイクラサーバだったりownCloud,Nextcloudなどに使用していたため、HDDの消耗は少なくはないだろう。\ また、OSに使用しているSSDは通常のデスクトップ向けなので寿命も近いと思う。 OSがCentOS7というのも懸念だ。\ 以前一度リプレイスと称してUbuntuにしたことがあったがすぐに戻してしまった。\ ちなみに、CentOS6→CentOS7→Ubuntu→CentOS7といった感じで使ってきている。 PX-S1UDは以前は不安定だったが、最近非常に落ち着いている。\ これの怖いところは原因不明の認識不良がたまに発生すること、カーネルクラッシュが起動時に発生すること。 これくらいだと思う。 ## 今後について 今は以下の機器がある。 - ラズパイ3B - QNAP 251-D ラズパイは先日試してみたが約1日ほどで大量ドロップが発生して使い物にならなかった QNAPもドロップが頻発しすぎて使い物にならない。 今考えているのは、[PX-W3PE5](http://www.plex-net.co.jp/product/px-w3pe5/#driver)への乗り換え。 PCIe接続なので現状の録画サーバでは使えなくなるが、幸いなことにM.2のスロットがあり、[このような](https://www.amazon.co.jp/dp/B07Z4S18RB)ライザーケーブルを使えば使えると思う。 この製品のレビューにもNUCでPT3を使っている人がいるので期待は高い。\ (最悪旧録画サーバのNUCがあるのでそれで試すのもあり) あとはQNAPにつけてしまうことだ。 QNAPにはPICe x4のスロットがあり、PT3を運用している人がすでにいる状態だ。 USBだとだめだったが、PICeをパススルーしたらうまくいく説を期待したい。 とはいえ、チューナーが1万ちょいすることと、現状でそこまで問題なく(ハードの劣化以外)動いていることを鑑みると、なかなか手が出しづらいところではある。 早ければすぐにでも、遅くても夏にはチューナーを入手して試したいと思う。

モンハン使用武器変遷
使用頻度の多い上位1,2位あたり ※古い作品は思い出補正あり\ 抜けている作品は未プレイ MHP:ハンマー、大剣\ MHP2:ハンマー、太刀、ガンス\ MHP2G:ガンス、太刀、双剣\ MHP3:ガンス、太刀\ MH4G:ガンス、操虫棍\ MHX:ガンス、ハンマー\ MHW:ガンス\ MHWI:ガンス、スラアク\ MHRise(Switch):ガンス、スラアク、狩猟笛\ MHRise(Steam):双剣、スラアク、チャアク ロマンを求めてチャアクを練習中。\ ガンスもまた使いたい。

GPD WIN MAX 2021を暫く使ってみて
というわけで、GPD WIN MAX 2021を買って大体1ヶ月位たったと思います。 実際に暫く使ってみての感想を簡単に書いておこうかなって感じです。 ## 使用感 GPD WIN2と比べてもまともにPCを使ってるという感覚があって悪くないです\ やっぱりCore i7を搭載しているので普段遣いは全くのストレスなし。\ タッチパネルもありますし、タッチパッドもあるので操作面も問題なし。\ キーボードもよくある小型のBluetoothキーボードと大体似たようなものです。\ 強いて言えば数字が打ちづらいくらいですかね・・よくパスワードで打つので苦労します。 最初は画面にキモオタが映り込む不具合があったんですが、この手の機種ではおなじみの[PDA工房さんのアンチグレアフィルム](https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08GL9VF1D/)を買ったので解消されました。\ タッチ時の指紋付着もこれで軽減されます。 ## ゲームとか ゲームも基本的にストレスなしです。\ やるゲームはモンハンライズとか二ノ国とか、そのあたり。 Wi-Fiでマルチしてますがラグとかもなく快適そのものです。\ 本当はこれでFF14とかもやりたかったんですが、あれはいわゆる左手デバイスを普段使っているのでコントローラー操作ができず(というか設定まだしてないわ)やっていません。 あとはモチベが解消されればDQXもガッツリやっていきたいと思っています。\ Switch版もあるけど、こっちだと60FPSですからね! ## ツールとか 使ってるツールを上げておきます。 ### FPSやリソースの表示用 - [RTSS Rivatuner Statistics Server](https://www.guru3d.com/files-details/rtss-rivatuner-statistics-server-download.html) - [HWiNFO](https://www.hwinfo.com/download/) これでFPSやCPU使用率、温度、GPU使用率等を画面に表示させます。 昔はMSI Afterburnerを使ってましたが、まあこれでいいです。 ### バッテリー残量の表示 Windows11ではバッテリー残量の%が表示できません。\ そしてWIN MAXでプレイする時は基本フルスクリーンです。 なので画面上に常にバッテリー残量を表示するツールを入れました。 - [BatteryBar Pro](https://batterybarpro.com/) Proってついてますが、無料で一応使えます。\ ただ、本来はタスクバーに表示するやつなんですが、Win11は非対応なので私は画面の左上に表示してます。 てか、大体のゲームこの解像度対応していないのでそのへんは何も表示されてないですから。 ### ソフトウェアごとにTDP等を変更する GPD WIN MAX 2021はバッテリーの消耗が早いのでなるべく抑えたいところですよね。 普段はBIOSでcTDPをUpにしているけど、ブラウザ見ているときとか軽いゲームするときだけ下げてバッテリーを節約したい!! そんな要望に答えてくれたのがこのツール。 - [Power Control Panel](https://github.com/project-sbc/Power-Control-Panel) 最近色んなメーカーから出てるこの手のUMPC向けに作られているソフトで、ソフトウェアごとにTDPを変更してくれます。 例えばドラクエXはTDP15W、MHWはTDP28Wとかそんな感じの設定です。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/876127cb-9320-48da-a0fd-7ba8215df519.png) ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/0df9fc50-7212-4b0c-a729-2c5d0affcaad.png) ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/fd764bc5-2635-435f-97d1-15e458b4975d.png) バッテリー稼働時とDock(MAXだと満充電時)でも設定を分けることができます。 設定するのがちょっとめんどいですが、一回やってしまえばあとは勝手にやってくれるので非常に便利です。 これで無駄にバッテリーを消費したり、ファンがうるさくなることもありません。 ちなみに私はBIOSでcTDPをDownにして、こちらのデフォルトも15Wにしています。 重いゲームするときだけ上がると行った感じですね。 ## スピーカーに関して ちょっと気になってるのはスピーカー。 こいつのスピーカーは裏側についているのですが、音があんまり聞こえないです。。 ネットでも見かけたんですが、正面に穴があったWIN2とかは結構しっかり聞こえるんですよね。 これもそうしてほしかったですがスペースが無かったからこうなったのか、\ ゲームによっては全然聞こえなかったりするのでちょっと不便な感じです。 ----- はい、てなわけで暫く使ってみてのレビュー?感想でした。 またなんか思いついたら追記するかもしれないです。

どうやら1周年みたいです
- どうやらウチのインスタンスは1周年みたいです、時が流れるのは速いですね・・・ - 相変わらずなんかLemmyは調子が悪い気がする - そして私も調子が悪い気がする - ストレスのはけ口が暴食になりつつあってデブ化が始まっていてかなり危険 そんなわけでこれからもlm.korako.meをよろしくおねがいします

~2022/02/07 色々あった
最近全然かけてなくてすみません。 色々ありすぎてあんまり書く気分に慣れていませんでした。 またちょこちょこ気分でかくと思います。 - 1/1に祖母が亡くなった、夕方にお見舞いに行ってその後だった、末期がんで辛かっただろうけど、今はお疲れ様、ありがとうと伝えたい - 上記に関連して慌ただしい年末年始だった、ただ一応年越しそばも、おせちも食べたし、初詣にもぎりぎり行けた - サーバが不調だったので移転をした、でも結局調子悪い、Lemmyのメモリ使用量がガンガン増えてくるので1日2回の再起動をするはめになってます。。 - Mastodon環境を勝手にあれにしていたが流石に今回コンフリクトが多かったのでもとに戻した。セキュリティ部分だけ取り込んでも良かったんだけどね - 最近ネトゲをあんまりやれていない、二ノ国とかモンハンとか・・そこら変、せっかくギルドに入ったりしたのにもったいないというか、申し訳ないことしたなと - AWS Cloud Practitionerを受けないといけなかったのだが、あんまり勉強できなかった、一応合格はできたけど課題ありと行った感じ

GPD WIN MAX 2021を買ってしまいました・・・(レビュー)
欲に負けてしまい、GPD WIN MAX 2021を購入してしまいました。 これでしばらく何も買うことができなくなります・・・ せっかくなので簡単なレビューを書いていこうと思います。 まず最初に思ったのは箱が豪華になっていること。\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/a96c7ce8-082e-4ac7-b6e8-cf6f56caefe4.jpeg) 今までいくつGPD製品を手にしてきましたが、結構違う感じにw できればもう少し質素にして値段落としてほしいところではありますが、 箱だと誤差ですかね。。 では開封。\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/508f5d9c-1e2f-4831-ba53-c68adbe544b2.jpeg) 目に飛び込んでくるのは本体が包まれた袋と、充電器が入っていると思われる場所。 颯爽と本体を取り出してみます。 うんw 想像の3倍くらい重い。 びっくりしましたね。いや。 今はiPad miniも持っているのでサイズ感は何となく想像通りだったんですが、厚みと重さのせいでめちゃくちゃでかく感じます。\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/db282dca-57a0-4a86-ba16-e553192985a6.jpeg) 見た目はすでにGPD WIN MAXが出たときにさんざんネットで見てきたのでまあこんなもんかという感じ。 キーボードはそれなりに打ちやすくなってそうですが、あいかわらず数字が小さい感じですね。 ちなみに、私は英語配列でも気にならないのでそこはおk。 ## 付属品 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/78ba55cb-042b-4727-8ad6-f671fea84ff1.jpeg) 私が買ったショップだとこのような付属品がありました。 - HDMIケーブル - GPDロゴ入りケース - GPDロゴ入りUSBメモリ(16GB,USB3.0) - USBハブ(カードスロット付き, USB 2.0の詐欺商品) - 各端子のキャップ - マウス - イヤホン - 保護フィルム(グレア) ケースは今の所持ち運ぶ予定はないので封印。\ 青いのは保護フィルムです。 HDMIケーブルは今はいらないのでこれも封印。 イヤホンもいりません、いいの持ってます。\ あと、毎回ついてくるのでたくさんありますw マウスも使わないです、カチカチうるさいタイプなので更に不要。\ せっかく小型ならトラックボールがいいですね。\ Pocket出資した時に買ったナカバヤシのトラックボールを人に上げてしまったのをちょっと後悔。 ハブも今のところ不要、ってか持ってます。\ Pocket出資したときに買ってます。 USBメモリは怪しいの入っていないかなと思ったけど、そんなことはなかった。\ Windows11のインストールメディアとして使用、ちゃんとUSB3.0らしい速度が出てるのでそこあたりも平気。 保護フィルムはすぐに貼りましたが、透過なのでキモオタが映り込む不具合の修正には至らず、そのうちアンチグレアフィルムを買います。 ## 最初にやったこと まずは起動確認からです。 BIOSを立ち上げて眺めた後、そのままWindowsを起動します。 Windows10が標準で入っており、中国語のシングルランゲージのやつ見たいです。 セットアップを順調に進めていましたがここでユーザの作成になります。 中華製品を使っていてそこまで気にしても仕方ないのですが、なんだかログインする気にもならず、取り合えずここで強制終了。 Windows11のクリーンインストールをしていくことにします。 ## Windows11のインストール WindowsはMicrosoft公式のメディア作成ツールでUSBにイメージを入れておきます。 幸いなことにここに付属でついてきた怪しいUSB 16GBがあるのでそれを使います。 ※怖いので先にあんまり使ってないGPD Pocketでフォーマット済み、中身はカラでしたw あとは公式サイトからドライバをインストールして一緒に入れておきます。 まあ結局ドライバ入れるのでそこが改変されてたらあれなんですが、デフォよりはいいでしょうってことで。 Windows11はさすがにAtomでもないのでさくっとはいりました、 そしてドライバはオートインストールを動かして待機になります。 完了後再起動すると画面も横になり、ドライバもすべて認識されていました。 続いてグラフィックドライバの更新です。 Microsoftからドライバー更新用のツールを入れて更新をします。 最後、公式から最新のBIOSをDLして更新しておきます。 グラフィック回りが修正されているみたい。 これで一通りのセットアップは完了。 ちなみに、Pocket用に買っていた指紋認証のドングルもさしておきます。\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/915c6e58-9ee0-461f-9123-7a31645eff35.jpeg) ドライバは別途Win8用のを入れておきました。 ## 色々やってみる まあ、WIN MAXですよ。 ゲームやりましょう。 ### ベンチマーク 適当にベンチマークを入れていきます。 まずはデフォルトの状態でやっていきます。 DQX(高品質、フルスクリーン)\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/7b5fc4b3-1b82-44bf-af3f-c34979a01355.png) まあ、快適ですよね。 FF14\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/70e3fa8c-368e-46d1-8f73-8f9497e1a1b7.png) 快適扱いですが、30FPSまで落ちるのでうーんw\ とはいえGPD WIN2から大幅進化です。 それ以外にも色々ゲームを起動した結果、FF14以外私がやってるものはほぼほぼ快適に動作することが確認できました。 ただ、電池の減りが相当早く、おそらく2,3時間しかプレイできません。 やっているゲーム的にももう少し省電力でも行けそうなので設定を以下に変えてみます。 - BIOSからcTDPをDownに変更(15W) ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/e64562d9-f7f1-4d1d-9bc2-b4d11f5085df.jpeg) グラフィックスを最大パフォーマンスにする設定 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/bf72d306-3ecc-453d-935e-fffe379a14da.png) この状態でDQXベンチを動かします。 比較用 デフォルト&グラフィックスを最大パフォーマンス\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/3b1c39ee-507a-4433-ad4e-c60db732913b.png) TDP15W&グラフィックスを最大パフォーマンス\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/74cb0c7d-338a-4ba4-b5bd-8585174be5cb.png) TDP15W&バランス設定\ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/9512bd67-8dfb-460c-bfd2-dc3525cf4049.png) 意外と顕著に下がりますね。\ しかしこれくらい出ていればほとんどの場所で60FPSキープできているのでプレイに支障はなさそうです。 ### Monster Hunter Rise せっかくなので出たばかりなのライズをやります。\ これは動画あげたのでそちらで確認してください。 <iframe title="GPD WIN MAX 2021でMonster Hunter Rise" width="560" height="315" src="https://fedimovie.com/videos/embed/205d4428-d34f-4fd5-9cc5-fecd218e120c" frameborder="0" allowfullscreen="" sandbox="allow-same-origin allow-scripts allow-popups"></iframe> > #### [設定] > コンセプト: なるべく省電力\ > cTDP: Down (15W)省電力モード\ > 電源プラン: バランス (デフォルトのまま)\ > OS: Windows11\ > CPU: Intel Core™ i7-1195G7 > > #### [ゲーム設定] > コンセプト: プレイ中にそこまで気にならないところは落とす、そうでないところは上げる\ > (設定内容は動画をご確認ください)\ > イメージクオリティは150に上げたほうが綺麗です、それをするだけでほかの設定は下げても問題なしって感じ。 > > #### [感想] > 全然問題なしです。\ > FPSも常時60に張り付いていますし、温度も50℃周辺で全くファンもうるさくありません。\ > TDPや電源設定を落としてこの状態なので非常に余裕がある感じになります。 > > 解像度的にはSwitchとほぼ変わらずに端末自体はめちゃくちゃ重いですが、8インチという大画面で60FPSのMHRを楽しみたい場合この選択はありだと思いました。 > > #### [最後に] > キャプボが30FPSまでなので動画がカクカクして見えるのはそのせいです・・。\ > (動画自体は60FPSで書き出してます)\ > 設定ミスったのでちょっと画質悪いですがご容赦を。 > > 画面の表示は上からCPU、iGPU、フレームレートです。 説明を見てもらうとわかりますが、見た目と省電力を維持しようと頑張ってます。\ TDPは15Wですが、サクサクと動いています。 ちなみに、DQXもそうですが基本的に50℃付近で動いており、その場合だとファンの動きが緩やかになるので音が気になりません。 ### モンスターハンター ストーリーズ2 こちらはTDP下げている状態だと45FPS前後での推移。\ 意外と重かったです。てか、ライズより重いことにびっくり。 仕方ないのでTDPをNominal(22W)に変更してみたところ、60FPSに張り付くようになりました。 そこで色々調べてみたところ、どうやらバランス的にもこの設定が一番良いみたいで、それより下げると性能ダウンが顕著になるとのこと。 あと、どうせあんまり持ち運ばないのでこの設定でいいかなって思いました。。\ ※Pocketのように電源挿してもバッテリーから給電じゃないので 試しに充電しながらTDP22Wでグラフィックスを最大パフォーマンスにしてプレイしたところ、\ ファンはそれなりにうるさいものの60℃付近をウロウロしていてそこまで熱がある感じでもありませんでした。 流石に静音モードにしたら70℃くらいまで行きそうですが、そこは今度確認します。 ### FINAL FANTASY XVI こちらも明らかに重いやつなので、cTDPはNominalに設定。 グラフィックスは最大パフォーマンスに設定し、ゲーム側は標準品質(ノートPC)に設定。 リムサのエーテライト付近など重いところは30FPS周辺で推移しています。 IDは概ね60FPSで快適に動作するものの、エフェクトが激しいボスなどでは一時的に低下することがありました。 こちらは動画作ったんですがグダってたので消しました。\ 気が向いたらまた上げるとは思います。 続きは執筆中

Unreal Engine 4とIntelグラフィックスの相性問題の解消についての参考
https://tonchikiroku.com/onexplayer-review/ 環境変数に以下を追加する\ 変数名に「OPENSSL_ia32cap」、変数値 に「~0x20000000」を入力

FediMovieライブ配信メモ
### 出力設定1 (1080p CBR) - NVENC H.264 - CBR - 6000Kbps - 128Kbps - キーフレーム 2 (大体どこでもおすすめされる値) - プリセット Low-Latency Quality - プロファイル hight - Look-ahead False - 心理視覚チューニング True - 最大Bフレーム 2 (大体どこでもおすすめされる値) - 1920x1080 - 60fps - フィルター ランチョス - カラーフォーマット NV12 ### 出力設定2 (1080p VBR) - NVENC H.264 - VBR - 3000Kbps~6000Kbps - 128Kbps - キーフレーム 2 (大体どこでもおすすめされる値) - プリセット Low-Latency Quality - プロファイル hight - Look-ahead False - 心理視覚チューニング True - 最大Bフレーム 2 (大体どこでもおすすめされる値) - 1920x1080 - 60fps - フィルター ランチョス - カラーフォーマット NV12 ### 出力設定2 (720p CBR) - NVENC H.264 - CBR - 3500Kbps - 128Kbps - キーフレーム 2 (大体どこでもおすすめされる値) - プリセット Low-Latency Quality - プロファイル hight - Look-ahead False - 心理視覚チューニング True - 最大Bフレーム 2 (大体どこでもおすすめされる値) - 1280x720 - 60fps - フィルター ランチョス - カラーフォーマット NV12 --- 基本的にライブ配信はCBRなのでVBRは使うことないと思ってる、\ でもまあ使えなくはない。 720なら3000Kbpsくらいでもいいが、NVENCなので少し大きめに。\ 1080pも本来は7000Kbpsくらいあってもいいが逆にこっちは抑えめに。 60FPSでやりたいのでここらへんをうまく調整したいところ、\ サーバの負荷的に720pでやってほしいとかあれば対応する。 遅延は25~30秒程度。 途切れる際は何をしていても途切れるようだ。\ その際、FediMovie自体が重くてブラウザで開けなくなっている。 途切れるものとして、recurring liveを選択して保存したければYouTubeなどで同時配信するか、ローカル保存も併用しておく必要があると思う。 改めて思ったが、MisskeyLiveすごいな・・w

Raspberry Pi 3 Model B で録画サーバ(Mirakurun & EPGStation)
てなわけで、以前QNAPのVirtualizationStation 3で録画サーバを立ち上げるというのをやったんですが、どうもUSBパススルーだとドロップが激しいという問題を解消できず、PCIパススルーもうまくいかなかったので、諦めてラズパイを使って行こうかと思います。 ラズパイを使うのであればいまだと4とかあるのでソッチのほうがいいのですが、入手不可状態なので手元にあるラズパイ3Bで進めていきます。 このラズパイ3Bは初めて録画鯖をたてようと思ったときに購入したものだったんですが、どうにもチューナーが正しく認識できず諦めて今まで使われていなかったものです。 5年の時を経てようやく本来の役目を果たせる・・かもといった感じです。 ## Raspberry Pi 3BをUSBブート対応させる ラズパイはMicroSDカードをストレージとして起動させるのですが、寿命がかなり短く結構すぐ壊れてしまいます。 今回はUSBブートを使ってUSB SSDからブートする方法で行こうかと思いますが、\ ラズパイ3BはUSBブートに対応しているもののデフォルトで有効になっていないのでその対応をする必要があります。 といってもかなり簡単です。 まずは通常通りMicroSDから起動をします。 以下のコマンドでUSBブートの有効状態を確認します。 ``` vcgencmd otp_dump | grep ^17 ``` `17:1020000a`なら無効、`17:3020000a`ならすでに有効になっています。\ それ以外の場合は何かしら問題が発生している可能性があります。 無効の場合、`/boot/config.txt`を編集し以下を追記します。 ``` program_usb_boot_mode=1 ``` リブート後、改めて`vcgencmd`で確認して有効の値であれば問題なしです。 あとはMicroSDカードを抜いて、Raspberry Pi OSを入れたUSB SSDを挿して起動することができるか確認します。 私の場合、他のUSB機器を接続しているとうまく起動しない事があったので一度起動を確認できるまでは何も挿さないほうがいいと思います。\ ※LANのすぐ右上に挿しているとうまくいきました、それ以外はなんかだめです・・・ あとは、好きなようにセットアップしておきます。 ## PX-S1UDのファームウェアを入れる いつものやつですね・・・ ``` wget http://plex-net.co.jp/plex/px-s1ud/PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip unzip PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip sudo cp PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1/x64/amd64/isdbt_rio.inp /lib/firmware ``` ちなみに、今回私は64bit版のOSにしました。 リブートして、PX-S1UDが認識されていることを確認しておきます。 ``` lsusb | grep Siano ls -la /dev/dvb ``` ## docker-mirakurun-epgstationの導入 MirakurunとEPGStationをDockerに閉じ込めたやつを公開してくれている方がいますので、ありがたく使わせていただきます。\ https://github.com/l3tnun/docker-mirakurun-epgstation インストールはリンク先のままで問題なしです、\ 個人的にはMySQLはやりすぎなので、今後安定しそうであればSQLiteにしてしまおうかと思います。\ ※ラズパイ使わない場合はそのままでも良いと思う あと、Mirakurunを本家のdocker-compose.yamlと揃えたいなと思うのでそこも修正していこうかなって感じです。 起動は少し時間かかりますが、無事に8888でアクセスすることができれば完了です。 ## 設定とかその他 EPGStationの設定ですが、今回はNASに録画データをホゾさせたいのでその設定をします。 前回書いた記事と同じようにNASをCIFSでマウントしておきます。 ラズパイ3BはLANが100Baseなので直接置くようなことはせず、一時録画先`recordedTmp`を使用してローカルに保管したあと、保存先`recorded`をNASにしておくといった感じにします。 あとは録画ファイル名、ここは好みによりますが私はなるべくChinachu時代と同じ様になるよう調整しています。\ Chinachuの時はサブディレクトリを作るようにしていたので、`自動サブディレクトリ設定`も有効にしておきます。 ### 気になるところ EPGStationの録画中のサムネが真っ白、これ合ってるんですかね。\ 気になっちゃいますw あと、録画を途中で止めることができない(止めると削除される)のが個人的には不便でなんとかしてくれないかなって感じです。 エンコード周りはEPGStationにやらせないので(というかラズパイじゃ無理)特にいじってません、\ 視聴も直接Mirakurunから行うのでEPGStationの設定は無視します。 今の所ドロップなどは発生していないですが、\ 一定時間でチューナーの認識がバグって指し直したりしないと直らないことがあるのが気になっていて、それが再発するようであれば使い物にならないという判断をするしかないのでできれば直ってほしいところ・・ --- そんな感じで眠いですがざっと書きたいことを書きましたw 雑な文章になってしまったのでまた今度書き直したいと思いますが、今回はこの辺にしておきます。 ### 追記 Chinachuなんですが、一時保管先を利用できないので不採用になりましたが、個人的にはChinachuのほうが好きなのでAirに期待しておきます。 また、ラズパイでインストールしようとするとビルドが8時間たっても終わらなかったので確認してたらどうやらNode.jsをわざわざビルドする必要はなさそう。 入れる場合は以下の感じでやっていきます。\ ※2022/1/1現在 ``` curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_16.x | sudo -E bash - sudo apt install -y nodejs sudo npm install pm2 -g sudo pm2 startup git clone git://github.com/Chinachu/Chinachu.git ~/chinachu cd ~/chinachu/ ./chinachu installer #2 submoduleを実行 ./chinachu installer #3 Node.js Modulesを実行 ./chinachu installer #4 ffmpegを実行 mkdir .nave ln -s /usr/bin/node /usr/bin/npm .nave/ cp config.sample.json config.json vim config.json #調整 echo [] > rules.json ./chinachu service wui execute # 問題なく起動できたらCtrl+\で終了 ./chinachu update #Mirakurunとの接続を確認 sudo pm2 start processes.json sudo pm2 save #20772にアクセスして問題ないことを確認する ```

Fediverse Advent Calendar 2021 ~ お世話になっているツールやLemmyについて ~
前略 鴉河雛です こちらは[Fediverse Advent Calendar 2021](https://adventar.org/calendars/6469)の6日目の投稿です。\ 参加枠が空いていましたので飛び入りで書かせていただきます。 今回はFediverseでお世話になっているツールの紹介と、\ Lemmyについて私が思っていることを書いていこうと思います。 ─ がその前に、恐らくほとんどの人が初めましてだと思いますので、簡単に自己紹介をしておきます。 [[toc]] ## 自己紹介 ### なまえ 鴉河 雛\ からすがわ すう 囲碁が好きだったので鳳雛から名前をとっています ### なにやってるひと? そこらにいるただの変人です。\ プログラマーでもエンジニアでもないです。 ただ、いろんなことをやってみたいと思い、衝動的にインスタンス建てたりしています ### 今まで建てたインスタンスは? - 2017年 4月:Mastodon個人インスタンスをたてたものの物足りず、2日後にプリキュアファン用Mastodonインスタンスの"きゅあったー"をたてる - 2017年 6月:Mastodon個人インスタンスを改めてたてる - 2018年 3月:きゅあったー改めてキュアスタ!に - 2018年 某日:PeerTubeインスタンスを建てる(現在は閉鎖)\ 同じくPleromaインスタンスを建てる(現在は閉鎖) - 2019年 6月:キュアスタ!の管理をぷーざさんへ移管 - 2019年 某日:Dolphinインスタンスを建てる(現在は閉鎖) - 2020年 3月:Misskeyインスタンスをたてる - 2020年 8月:Mastodon個人インスタンス閉鎖 - 2020年 某日:Plumeインスタンスをたてる - 2021年 2月:Lemmyインスタンスをたてる - 2021年 4月:Misskeyインスタンス閉鎖、Mastodon個人インスタンスをたてる - 2021年 4月:Pleromaインスタンスをたてる、Soapbox-FE導入 - 2021年 8月:Pleromaインスタンス閉鎖、Cherry-Pickインスタンスをたてる - 2021年 11月:Cherry-Pickインスタンス閉鎖、Plumeインスタンス閉鎖 たてたりつぶしたり。。そんな感じです。\ 今はMastodonとLemmyだけになっています。 それでは本題に参ります。 ## Fediverseで暮らすためにお世話になっているツール類 ツール・・という言い方をしてしまっていいかわからないのですが、どうしても紹介したいのは私が普段使っているツールたちです。 Mastodonだけじゃなく、他のインスタンスを建てた時にもかなりお世話になっていて、正直これがなかったら不便で仕方ないといった感じです。 今回は簡単に1つずつ紹介していきたいと思います。 ### [mulukhiya-toot-proxy](https://github.com/pooza/tomato-shrieker) SNSを使っていると、Amazonの商品のURLを共有したりしますよね、でもAmazonのリンクってアホみたいに長い、必要なのは一部分だけなのに・・、\ 他にはNowplayingで音楽の共有なんかをしてみたり、\ さらには見たアニメの記録なんかも簡単に共有できるといいですよね? 管理者目線だと、メディアの容量の圧迫がこわい・・\ うちのインスタンスはメディアの投稿向けではないから自動でjpeg等に圧縮してしまいたい・・\ Mastodonでは標準でアップロードできないメディアをアップロードできるようにしたい・・\ 自動でハッシュタグをつける辞書が欲しい・・\ デフォルトハッシュタグを実装したい・・ はい、これらを全部このツールで簡単に実装することができます。 mulukhiya-toot-proxy、通称モロヘイヤはその名の通りプロキシとしてAPIを経由させてあげることで、インスタンスのソースをいじることなく様々な機能を提供してくれます。 今回は簡単に私がよく使う機能を紹介します。 #### [ハッシュタグ辞書](https://github.com/pooza/mulukhiya-toot-proxy/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%B0%E8%BE%9E%E6%9B%B8) これは、事前にマッチする単語を指定しておくことで、それに該当するハッシュタグを自動でつけてくれる機能です。 簡単な一覧をGoogle スプレッドシートなどに書いてJSONを返すAPIにしておくことで実装ができます。 例えば、\ `モシャーヌ 聖モシャーヌ植物園,ff14`\ こんな辞書を作ったとします。 `モシャーヌ`と投稿すると、自動でハッシュタグ`#モシャーヌ #聖モシャーヌ植物園 #ff14`が付与されます。 特定のテーマインスタンスとか、自分がよく使う単語とかを登録しておくとかなり便利に使うことができます。 #### [Annict連携](https://blog.precure.ml/articles/Annict%E5%AF%BE%E5%BF%9C/) Annictにアニメの感想などを記載すると、Mastodonに自動で転載してくれます。 #### [URL置換](https://blog.precure.ml/articles/URL%E7%BD%AE%E6%8F%9B/) こちらはリンク先のキュアスタ!ブログを見たほうが速いのでそちらでご確認ください・・ #### [メディアファイル置換](https://blog.precure.ml/articles/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E7%BD%AE%E6%8F%9B/) 一部特定の画像を除いて、全て最大長辺2560pxのjpegに変換してくれます。 また、通常アップローできないmp4以外の動画や、mp3ではない音楽ファイルも変換してアップロードできるようにしてくれます。 #### [NowPlaying](https://blog.precure.ml/articles/NowPlaying/) これもキュアスタ!ブログを見て頂けれはと思います。 #### カスタムフィード 事前にJSONを出力するスクリプトやプログラムを作成して置き、それを指定することでRSSフィードにしてくれる機能です。 例えばSteamのAPIはそのまま扱うとうまくRSSフィードとして機能しないことがありますが、これを使うことで正しいRSSフィードとして利用することが可能になります。 それ以外にも、スクレイピングした結果や、何かのリストなどを指定することでフィードに変換してくれます。 これは後述のtomato-shriekerのために私は使っています。 #### クリッピング機能 Mastodonにはお気に入り機能があります。(Misskeyとかでもそれに準ずる機能があるはずです) それらを実行した際に、指定した送信先にクリッピングしてくれる機能です。 送信先と指定できるのは、以下の通り。 - Dropbox - GROWI - Lemmy 基本的にこの機能は公開の投稿に対してのみ機能することになっています。 #### 固定タグ 固定タグ機能を利用すると、一時的に全ての公開投稿に指定したハッシュタグが付くようになります。\ この機能は時間設定もできるので、一時的にアニメの実況をしたいとかそういう時に役立ちます。 設定はモロヘイヤのWebUIからもできますし、コマンドトゥートと言う機能で投稿で制御することもできます。 --- とまあこんなところでしょうか、\ 他にも機能はあるのですが、ここでは紹介しきれないのでぜひGitHubのWikiで確認してみてください。 モロヘイヤはサーバ管理者のみがインストールできるものですが、かなり便利なので利用者が増えてくれると嬉しいです。 ### tomato-shrieker 次は、[tomato-shrieker](https://github.com/pooza/tomato-shrieker)。 Mastodonを使うようになって、Twitterから離れた私の貴重な情報源となるために使っています。 皆さんもMastodonで簡単にBOTが作れたらなぁとか、\ RSSフィードを投稿するアカウントを作れたらなぁとか、思ったことがあるかもしれないです。 このツールはそんな願いをかなえてくれるものです。 このツールで出来ることは、ざっとこんな感じになります。 - 定型文 - RSS/Atomフィードの新着エントリー - Google News - Twitterタイムライン - コマンドの実行結果(標準出力) 私はこれを利用して各ツールの[リリース情報をMastodonに投稿](https://md.korako.me/@komachi)してみたり、\ ゲームのメンテナンスや[イベント情報をLemmyに投稿](https://lm.korako.me/c/pangya_info)してみたり、\ そんな使い方をしています。 先ほどのモロヘイヤのカスタムフィードと連携して、モロヘイヤで生成したフィードを、こちらで投稿する・・なんてこともしています。 こちらは管理者以外でも使えますし、導入も簡単なのでぜひおすすめしたいツールです。 投稿先としても色々指定ができるので便利です。 - Mastodon - Pleroma等、互換APIをもつサービスを含む。 - Misskey - Slack Incoming Webhooks - Discord等、webhookに互換性をもつサービスを含む。 - モロヘイヤwebhookも含む - Lemmy - LINE --- 長くなってしまいましたが、最後に最近私が力を入れているLemmyについて語っておこうと思います。 ## Lemmyについて [Lemmy](https://join-lemmy.org/)はFediverseの1つで、Mastodon等と連合することができるリンクアグリゲーターです。 簡単に言うと、Reddit、はてなブックマーク、スラドのFediverse版です。 似たサービスにPrismoと言うのもあります。\ ※こちらは開発が止まっており、インスタンスも1つしかありません(たぶん) リンクアグリゲーターと言うと、やっぱりリンクを共有するための場所なのでほとんど人はあまり興味がわかないかもしれません。 私もそのうちの一人でした。 今まではてブもRedditなどそれらのサービスを一度も使ったことがなかったですし、必要ともしていませんでした。 Prismoが出た時もあんまり使わないかなって思い、最初の少しだけ触る程度で終わってしまいました。 ただ、私はLemmyに対してそれ以上に色々な使い方ができる柔軟なサービスだと思っています。 ### ブログの代替としてのLemmy Lemmyをブログとして利用する。 もちろんLemmyはブログではありませんし、そのような機能も備えていません。 ただ、Lemmyの1つのコミュニティを1つのブログとしてとらえ、\ そこに投稿していくことによって、一種のブログのように見えてくるなと私は考えています。 例えば今書いているコミュニティ(ŝercaĵo)は私の個人ブログの代替として利用しているところです。 投票と言う機能がついてはいますが、きちんとブログとして文章を記載することができ、\ コメントする機能まであります。 さらにそのブログはMastodonからフォローすることも、コメントすることも可能なのです。 ブログと言えばPlumeやWriteFreelyもありますが、Lemmyも選択肢の1つとして考えてもいいんじゃないかなって思います。\ 実際に私はPlumeからLemmyにブログサービスとしての乗り換えを行いました。 ブログ以外にも簡単なメモ書きに使ったり、ちょっとした日々の進捗をみんなとシェアするコミュニティを作ったり、\ リンクアグリゲーター以外にも使えるポテンシャルがあります。 --- とまあこれ以上書くと熱くなってしまい文章が意味わからないことになってしまうので、このあたりにしておきます。 Lemmyについては、本来のリンクアグリゲーター以外にも色々な使い道がある、 それを念頭に色々と模索しながら今後発展させていければと思っています。 気になる方は、私のLemmyインスタンスを覗いてみていただければと思います。\ (未ログインで見るとBOTの投稿がたくさん出てきてしまいますが、そういう使い方もありって感じです) わかりやすいところだと。 ##### 日記として利用 https://lm.korako.me/c/[email protected] ##### ブログとして利用 https://lm.korako.me/c/zaregoto ##### ゲーム情報用のBOTとして利用 https://lm.korako.me/c/ninokuni_crossworld\ https://lm.korako.me/c/pangya_infox\ https://lm.korako.me/c/gaming ##### アニメ関連のBOTとして利用 https://lm.korako.me/c/precure こんな感じでしょうか。 使ってみたいなという興味がわいてきたら、\ 日本だと複数インスタンスもありますので、そこから登録したいところを探して試してみるのもよいと思います。 Lemmyの使い方については別の記事に書いていますので、そちらもぜひ確認してみてください。\ https://lm.korako.me/post/5923 なお、うちのインスタンスはスパムがひどいので登録を停止していますが、言って頂ければ一時的に開放しますのでお気軽にどうぞ! ## おわりに てなわけで、長々とわかりづらい文章で書いてしまいましたが、\ ここまで読んでいただいてありがとうございます。 アドベントカレンダーの参加は初だったのと、普段文章を書かないのに構成も考えず一気に書き上げたので、伝えたいことが伝えられてるか不安ですが、\ 少しでも楽しんでいただけていたら幸いです。 最後になりますが、私のことをフォローしてもいいよ!っていう人や、フォローしてくれ!っていう人いたら是非よろしくお願いしますw\ [@[email protected]](https://md.korako.me/@karasu_sue)

2021/12/21 色々とやってみる
- QNAPでの録画鯖を少し動かしている、まだドロップの恐怖があるが、今つけているチューナーは1個古いタイプなので、入れ替えたらもしかしたらよくなるかもと言う甘い期待を・・・ - LemmyのUIを少しだけカスタマイズした、と言うのも元々Lemmyを正規のリンクアグリゲータとしてだけではなく、ブログ的な(Plumeの代替)として使おうという考えだったのと、今後普及させるにはそれくらいしておかないとダメだろうと思ったから、\ 具体的には、各見出しにアンカーリンクの自動生成、見出しの自動生成、注釈の対応、数式の対応、見出しのマージンを調整し見やすくする等々\ 細かい調整内容については、[こちら](https://lm.korako.me/post/77/comment/383)に記載しているが、\ [サンプルページ](https://lm.korako.me/post/8470)も用意しているので気になる人は見ていただきたい、\ 連合にはただのノイズとして伝わってしまうものもあり少し迷うところだったけど、まあ良しとする - 気になったらほかにも色々カスタマイズするかも?\ 今はフォントが中華フォントになっているものがあってきもいのでそこを直したいと思っている

NAS(QNAP TS-251D)で録画サーバ(失敗)
と言うことで、NASを購入しました!ついに! NASはもう何年も欲しかったんですが、ついに念願かなったって感じです・・・。 で、今回は初めてのNASと言うことで、2ベイかつエントリー向きのものを選んでいたんですが、\ どうやらIntel入ってるモデルがあり、かつ仮想マシンを作ることができるということを聞き、\ 候補の中から[TS-251D](https://www.qnap.com/ja-jp/product/ts-251d)を選択しました。 現在自宅サーバのリプレイスを考えていることもあって、その一部の機能をNASと一緒にもてるとなるとかなり便利になるので、嬉しい誤算でした。 そして、せっかくなので今回はそこで録画サーバを建てれないものかと挑戦してみることに。 ちなみに、すでに同じことをやっている人がいて実績があることを確認済みです。 #### VirtualizationStation 3 で仮想マシンをセットアップ まずは、QNAPのOS、QTSのApp Center(アプリストア)からVirtualizationStation 3をインストールします。 起動してみるとこんな感じで、いかにも仮想環境つくれますよっていう見慣れた感じのものが出てきます\ ※すでに色々やったので仮想マシンがありますが・・・ ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/N4TEhbjK6W.png) 仮想マシンの作成はこんな感じ。\ OSの種類とかバージョンはまあオプションみたいなものでしょう。\ CPUはこのNASだとCeleronの2コアなので、2コアしか選べません。\ RAMは増設可能で、公式にはMAX8GBですが16GBとか搭載させてる人もいます。\ こういう用途で使いたいって人は増設必須でしょう。\ とはいえ、CPUがそこまで強くないのであんまりあれですが・・・ HDDの場所は、新しいボリュームを作成してそこに配置しました。\ 容量はひとまず50GBで。 肝心のOSですが、サクッと慣れている状態でやりたいので、Rocky Linuxを選択しました。\ 触るのは初めてですがRHEL8ベースなので問題ないはずです。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/u3zoxFddlc.png) 作成が完了すると、専用のコンソール画面が用意されています。\ とりあえずスタートを押して起動してみます。 ![](https://lm.korako.me/pictrs/image/YYGTkXbHko.png) セットアップについては端折りますが、さすがバグまで互換と言うだけあって、設定は何ら変わりなくできます。 とりあえず、dnf updateしてからSSHと固定IPの設定を済ませます。 #### Mirakurunのセットアップ さて、セットアップが完了したらいよいよMirakurunをセットアップしていきます。 あ、事前にカードリーダーは指しておいてパススルーしておきましょう。\ PX-S1UDも忘れずに。 **まずはDockerのインストールから** Dockerは公式のドキュメントそのままインストール可能でした、CentOS8だと使えないとか色々あったんですが今は問題なさそうです。 docker-composeも同様でした。 PXS1UDを使う場合、ファームウェアを入れる必要もあります。 ``` wget http://plex-net.co.jp/plex/px-s1ud/PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip unzip PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1.zip sudo cp PX-S1UD_driver_Ver.1.0.1/x64/amd64/isdbt_rio.inp /lib/firmware ``` そこまで完了したら、Mirakurunを入れていきましょう。 ``` sudo dnf install wget mkdir ~/mirakurun/ cd ~/mirakurun/ wget https://raw.githubusercontent.com/Chinachu/Mirakurun/master/docker/docker-compose.yml docker-compose pull docker-compose run --rm -e SETUP=true mirakurun docker-compose up -d ``` ここまではすんなり行けました。問題ナスです。 firewalldで設定後、ブラウザからアクセスして表示できること、\ 私の場合はTVTestを使って視聴できることも確認しました。 #### NASの領域をCIFSでマウントする 続いて録画したデータの保管先をマウントします。 マウント周りは色々情報を見ているとCIFSでやるのがいいみたい。 まずは必要なものを入れていきます。 ``` sudo dnf install samba-client cifs-utils ``` 終わったら、fstabに設定を記載します。 **/etc/fstab** ``` //[NASのIP]/home/server/recorded /mnt/recorded cifs credentials=/home/[ユーザ名]/.samba_credentials,user=[ユーザ名],uid=[ユーザ名],noperm,rw 0 0 ``` マウントするディレクトリとかは適宜修正しておきます。 続いて、認証情報をファイルに書いておきます。 **.samba_credentials** ``` username=[NASのユーザ名] password=[NASのユーザパスワード] domain=WORKGROUP ``` 記載が終わったら、600にしておきます。 ``` chmod 600 .samba_credentials ``` あとはマウントの確認をして、問題なければ終了。 ちなみに、私はここで1時間くらいかけましたw\ どうにもPermission Deniedになってしまって、色々調べた末この設定方法になりました。 諦めてNFSにしようかなとかも思いましたが、できたのでこれでOKです。 #### Chinachu γのセットアップ 続いてChinachuを入れていきます。 ``` sudo dnf module install nodejs:10 sudo dnf install git python3 perl-Digest-SHA sudo dnf group install 'Development Tools' sudo dnf --enablerepo=powertools install yasm ``` 続いてpm2をsudoで実行するためにパスを通しておきます。\ visudoで`/usr/local/bin`を追加しておけばOKでした。 ``` sudo npm install pm2 -g sudo pm2 startup ``` これで一通り必要なソフト類が入ります。 あとは[Wiki](https://github.com/Chinachu/Chinachu/wiki/Gamma-Installation-V2)通りに進めていけばOKです。 動作チェックまで通れば完璧です! #### 気づいてしまった・・・ 無事動作して、録画できることまで確認したんですがある違和感に気づいてしまいました・・・・ そう・・・・ **めっちゃドロップしている** オワタ、死亡、終焉。 と言うことで、無事できたものの使い物にならないという残念な結果に。 タイミングがよくわからないんですが、一気に30~50ドロップすることもあり、全く使い物になりません。\ 負荷がかかってるとかディスクアクセスが多いときとか、色々考えたんですが必ずしもそうじゃない気もして、\ ネットで色々調べたところ仮想環境だとドロップが増えるらしいということ。 だめじゃん! はい・・・ 元々PX-S1UDは環境によってはドロップがひどくなるやつらしいので、その環境であったということですね。 その後もContainerStationを使って構築とかやってみようと思ったんですが、そもそもNASにDVBドライバが入っていなくて、それを追加するのは面倒だということで中止。 仮想環境をUbuntuにするとか、他の方法をもう少しだけ模索してみようと思います。 というわけで、今回はこの辺で。\ ではまた。

自宅サーバのリプレイスを検討。
自宅サーバ(録画鯖)のリプレイスがしたくなったので、色々検討をしている。 現在は以下の構成。 ハード - Core i3-6300 - Transcend DDL3L 8GB x2 - そこら辺のSSD 2枚 - WD 1TB HDD - レコーダー用の外付けHDD 3TB - Shuttle XH110V - PX-S1UD x2 ソフト - CentOS 7 - Chinachu γ - Mirakurun こんな感じの小型デスクトップに、USB型のチューナー2個をつなげてって感じです。 ちなみにこのサーバですが、もともとはキュアスタ!のサーバでもありましたw 今は録画鯖、LAN内用にDNSサーバ、Nextcloud、GROWI、そんな感じです。 今回リプレイスを検討するきっかけとなったのは、 サーバの稼働が5年を超えており、そこら辺のSSDとそこら辺のHDDで構成されている上に、 色々とサーバとしていじり倒してきてOSの中がごちゃごちゃしてきていること、 何より、CentOS7をそろそろやめたいということ・・・ と言うのが理由になります。 で、リプレイス先候補。 - ラズパイ4 → 4が出たことでPX-S1UDを使った録画サーバの実績がかなり出てきている\  何より小型、ただ管理は面倒くさそう  GROWIはNotion、NextcloudはNASで代替できるので不要 - 今のサーバのディスク周りを変更して、Rocky LinuxまたはAlmaLinux、Ubuntuのいずれかで構築しなおす → コストは少ないが、一時的に録画サーバが止まることになる・・・ - ある程度の性能のあるNAS上に構築する → これは大穴、元々NASは買うつもりだったのでこれでいけたら万々歳かもしれない まだ確定はしていないのですが、NASは元々ほしかったのですでに購入済みです。 それについてはまた別で書きます。 そして、ラズパイですが現在入手困難なので、まだ迷い中です。 もしかしたら今のサーバを頑張って使い続けるかも。 部屋が狭くて置き場がないっていうのもあるんですが、ラックでも買ってきてそこに機械類並べたほうがいいかなぁ・・。 と、こんな感じで悩み中ですが、自宅サーバのリプレイスを検討しているって話でした。

アクセスできないコミュニティを削除する
バージョンが古く連合できなくなったインスタンスがある場合、現在のバージョンではコミュニティページにアクセスすることができず、502エラーとなってしまいます。 また、今後そのサーバが消えたときに残り続ける原因にもなってしまいます。 今回はそんなコミュニティを削除する際の覚書になります。 #### コミュニティIDを特定する まずはIDを特定する必要があります\ 覚えている場合は大丈夫ですが、コミュニティページにアクセス不能な場合確認する術がありません。 [**ListCommunities**](https://join-lemmy.org/api/interfaces/ListCommunities.html)APIを叩くことで一覧を取得できます。 GETで\ `https://サーバ名/api/v3/community/list?limit=10` こんな感じでいいと思います。\ 実際はlimitを50くらいでいいかも。 これで該当のコミュニティを探しましょう。 #### 実際に削除する [**RemoveCommunity**](https://join-lemmy.org/api/interfaces/RemoveCommunity.html)APIをでコミュニティを削除できます。\ ちなみに、DeleteCommunityもあるんですがいまいちよくわかりません。\ WebUIから削除する際もこのRemoveCommunityが実行されます。 POSTで\ `https://サーバ名/api/v3/community/remove` Headersは適当に\ content-type:application/json Bodyは\ auth:ブラウザのコンソールで使われてるWebSocketのやつで大丈夫です\ community_id:さっきしらべたやつ\ removed:True こんな感じで。 ```json { "community_view": { "community": { "id": 1, "name": "main", "title": "Test Community", "description": "abababebebebebe", "removed": true, "published": "2020-11-05T17:50:40.071886", "updated": "2021-12-07T14:44:26.861653", "deleted": false, "nsfw": false, "actor_id": "https://lemmyhogehoge/c/huga", "local": false, "icon": null, "banner": null }, "subscribed": false, "blocked": false, "counts": { "id": 1, "community_id": 1, "subscribers": 0, "posts": 1, "comments": 0, "published": "2020-11-05T17:50:40.071886", "users_active_day": 0, "users_active_week": 0, "users_active_month": 0, "users_active_half_year": 1 } } } ``` この状態でコミュニティ一覧を見ると消えています。\ 戻す場合は、さっきのremovedをfalseにすればいいっぽデス。 どうでもいいんですが、ドキュメントめちゃ見づらくないですか?

鴉河が個人的に何か書くところです。
大体はギャグか戯言として受け止めてくださいな。

  • 0 users online
  • 1 user / day
  • 1 user / week
  • 1 user / month
  • 2 users / 6 months
  • 5 subscribers
  • 32 Posts
  • 6 Comments
  • Modlog